お給料に不満がある助産師さんも多いです

助産師の転職理由、お給料が割に合わない・・・



助産師は看護師の資格を取った上で取得可能な免許であることから、給料が高いというイメージをもつ人は多いのではないかと思います。

実際にいろいろな職業と助産師の職業を比較してみると、平均収入は助産師のほうが高い傾向にありますが、助産師の中には業務内容と給料が見合っていないなど、収入に不満を感じている人もいるようです。


そこでこちらでは、助産師の平均収入や、給料に不満を持つ理由、満足できる収入を得る方法など、助産師の給料にまつわるさまざまな点に触れて行きたいと思います。


助産師の給料事情



助産師の給料はかなり幅が広い

助産師は前述したように高収入のイメージが強く、実際に夜勤を含むフルタイムで働いている助産師の中には、手取り収入が35万円という人、中には45万円を越えるという人もいます。

しかしその反面、公務員扱いの助産師は、平均手取り月給が26万円前後といわれており、助産師の収入にはかなり大きな差があることがわかりますね。


それぞれの職場によって患者の数や業務量などに違いはあると思われますが、その中で忙しいと思われる職場であっても、平均よりも少ない収入の助産師も少なくないようです。

ただし手取り月収が35万円という人も、その中に残業代なども含まれているため、残業が少なく定時で退勤することが多い月だと、月収は低くなります。


手取り月収が29万円というと助産師の給料の平均と考える人がいる一方、「給料が少なくて納得できない」と考える助産師もいるようです。

収入は仕事へのモチベーションに大きく関わる

助産師の仕事は、新しい生命が誕生するお手伝いをするというやりがいのある素晴らしい仕事です。しかしその分責任も非常に大きく、ちょっとしたミスが赤ちゃんやお母さんの命に関わる危険性もあります。

こうした責任をまっとうするために、助産師は心身ともにかなりの疲労を伴いながら仕事をしていますので、やはり給料があまりに低いと仕事に対するモチベーションが保てません。


もちろんやりがいがモチベーションにつながるという考え方もあるものの、やはり給料というのはどのような仕事でも働く上で大きくやる気を左右しますよね。


助産師のお給料、どんな点に不満を持ってる?

給料が低すぎる

自分がもらっている給料に納得できないもっとも大きな理由は、やはり「給料が少なすぎる」という点ではないでしょうか。

深刻なケースだと総支給額が25万円、各種保険などが差し引かれると、手取り月収がなんと15万円になってしまう助産師もいるそうです。


助産師の収入として、手取り月収15万円は低すぎるというのは誰もが分かることですよね。

職場環境がよく、仕事仲間と円満なコミュニケーションを取れているため給料の面で我慢していたけれど、周りの助産師の収入状況を考えてこれではいけないと考えたとのこと。たしかにこれは今一度収入について考え直す必要があるでしょう。

給料と業務量が見合っていない

収入的には平均的だけれど、夜勤の回数が多い上に1日の分娩数も多く、行き着く間もなく働いていることを考えると、収入が割に合わないと感じる助産師は多いと思います。

もともと助産師の仕事は忙しい仕事ではありますが、収入に納得できている人は、「忙しいけれど働いた分の給料はもらえている」という自覚がある人。


地域などによっても忙しさや収入は変わってくると思いますが、大学病院などの大規模医療施設はやはり忙しいといわれていますので、ほかの大規模医療施設と収入を比較して、自分のほうが著しく低いと感じたら、やはり収入についてよく考えてみる必要がありそうです。


お給料が割に合わないと不満な人は…



手っ取り早く収入アップを狙うなら、やはり転職

看護師の場合、専門看護師などの資格を取得してキャリアアップを図り、収入を上げるという方法も期待できますが、助産師の場合はまだこうした資格制度が充実していないため、キャリアアップに伴って収入を上げるということは難しいです。

すぐにでも収入を上げたいということであれば、やはり転職をするのが効率的だと思われます。


募集要項に収入や待遇についてはあらかじめ記載がありますので、納得のいく収入を得られる職場に転職すれば、すぐにでも収入アップが可能です。

助産師を求めている職場は給料が高め?

現在は全国的に助産師不足だといわれていますので、求人自体は比較的たくさん見つけることができるでしょう。

ただし、より給料の高い職場で働きたいということであれば、募集要項をよく確認するのはもちろんですが、助産師を強く募集している病院が狙い目です。


こうした職場は主に忙しいところが多いですが、人員が不足している病院では、より早く助産師を確保するために給料を高めに設定しています。

ただし、そもそも助産師の仕事はかなり忙しい仕事ですが、収入が高い分さらに激務になることは覚悟しておく必要がありそうです。

求人サイトを活用するのがおすすめ

初めて転職をする人や、転職に不安を持っている人は、求人サイトを利用してみましょう。

求人サイトは自分の希望する年収に合わせて情報を検索することができますし、全国の求人情報を比較検討できるので、より給料に対して多くの情報を得たいという人にぴったりです。


また、求人サイトでは所属している転職コンサルタントがおり、コンサルタントを通じて転職先を紹介してもらったり、求人サイトには掲載されていない非公開求人を紹介してもらえるなど、転職における大きな味方となってくれます。

コンサルタントを通じて転職することで、「転職する前の待遇と実際の収入が異なっていた」といったトラブルにを防ぐこともできます。会員登録をすることで無料で利用できるサービスがほとんどなので、まずは登録をしてみるとよいでしょう。

<まとめ>
  • 助産師の収入はかなり幅広く、給料が低いと感じている助産師も多い
  • 給料自体が少なかったり、給料と労働量が見合っていないと不満を持つ助産師もいる
  • すぐにでも収入アップしたいなら、思い切って転職してしまうのも一つの方法
  • 助産師をより求めている職場を選ぶこと、求人サイトを活用すると効率的

助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。