助産師手当が大きいです

助産師と看護師、お給料が良いのは?



助産師と看護師、どちらもやりがいのあるお仕事ですが、助産師の資格を取るには看護師の資格が必要になります。

看護師の仕事というのは、医師のサポートや患者さんのケアが主な業務ですよね。患者さんに直接触れ合って感謝される事もありますが、補佐的な役割が多いと不満を感じる看護師の方もいらっしゃるでしょう。


対して助産師の資格を持っている方は出産に立ち会うだけではなく、医師と同じように直接赤ちゃんを取り上げることが出来ます。また、看護師とは違って自分主導で妊婦さんへのケアを進められるというのも特権と言えます。

赤ちゃんの誕生を目の当たりにして、やりがいと達成感を十分に感じられる仕事です。赤ちゃんを取り上げてもらったお母さんには一生感謝され続けるでしょう。


ご自身が望むなら自分で助産院を開業する事も可能で、看護師よりも将来の視野を広く持つことができます。そこで気になるのは、看護師と助産師のお給料の違いです。


助産師と看護師、給料が良いのはどっち?



まずは看護師のお給料から見ていきましょう!

看護師の給料事情

看護師の平均月給は、30万円前後で、平均年収は480万円ほどです。新人1年目は10万円代のスタート、というところもありますが、勤務年数や勤務地によって収入はグンと上がっていきます。男性看護師がいることも、平均月給を高めている要因と言えるでしょう。

助産師の給料事情

助産師の給料は、30万~45万と勤務先によって差はありますが、平均月給は32万円前後となっています。ボーナスや各種手当などが加わることで、平均年収は530万円ほど。看護師も助産師も、都心部の病院ほど給料は高くなる傾向があります。

助産師の給料・年収については、詳しくは「助産師のお給料・年収について」を参考にしてください。


助産師の年収は看護師に比べて50万円ほど高い!!



現在、看護師として職務についていらっしゃる方でも助産師の資格があれば資格手当をつけてくれるところがほとんどだと思います。

助産師資格があれば、病院やクリニック等でも違いますが、月に10,000円~30,000円前後の手当がつくというのが最近の相場です。


助産師の資格さえ持って勤務することになれば、毎月のお給料にこの資格手当が付与されることになる訳です。一見すると、そこまで手当額は大きくないように思えますが、年収で見ると50万前後のアップが見込めますので、この差は大きいと言えるでしょう。

収入アップを目指している看護師さんはスキルアップのためにも助産師資格の取得を考えてみても良いかもしれませんね。

助産師は高収入で好条件の求人先が多いんです!



今はどの地域でも助産師が不足していますので、募集する病院やクリニックなどでは好条件と高収入で助産師を迎え入れていますよね。

そんな傾向からも、助産師の資格を持っている看護師の方が、助産師として新たな職場に転職されることも多くなってきているのです。現在、看護師の資格しかもっていない方でも助産師の資格取得のために経験を積んで頑張っています。


看護師と助産師の仕事にはそれぞれメリットとデメリットはありますが、スキルアップの面とお給料の面から考えると、今お仕事に就くなら助産師のほうが条件は良いはずです。

お仕事も大事ですが、自分が休みたい時に休めないような職場環境というのは避けたいものですよね。今まさに必要とされている助産師でしたら、雇う側も十分なケアを考えてくれるでしょう。


もともとお子さんが好きな方や、更にやりがいを見いだしたい方、そして将来の可能性を広く持ちたいという方には、ぜひ助産師を目指して充実した毎日を送って頂きたいと思います。

こちらに、助産師を必要としている病院や産院を探せるサイトをいくつか紹介しています。ご自身の条件と合う所を探してみて下さい。


助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。