助産師と看護師、仕事の違いはどんなところ?

助産師と看護師の違いって何?



医療に係わる現場には医師や看護師、助産師や保険師など他にもいくつかあります。このなかでも圧倒的に人口が多いのは皆さんもご存じの通り看護師です。そしてもっとも人口が少ないのが助産師になります。

看護師と助産師の資格は、どちらとも現場での実務経験と国家試験に合格する必要がありますが、助産師の資格をとるためには看護師の資格を持っていないといけません。

現在、助産師の方の多くの方は看護師の資格を先に取って実務経験を積んでから助産師の資格を取っています。


さて、看護師の主な仕事というのは、患者さんの看護と心身のケア、そして医師のサポートです。

定期的な配置換えがある総合病院などでは、それぞれの専門知識を学んでスキルアップすることもできますが、その経験値に見合った待遇やお給料というのは、そう期待できません。

そして、助産師の主な仕事というのは、妊産婦のケアや分娩時に立ち会い医師のサポートを行うことです。また、正常な分娩ならば自ら赤ちゃんを取り上げることができるのも助産師の特権です。現場の配置換えなどを心配する事はありませんが、出産は時間に関係なくありますので夜勤は覚悟しておかなくてはなりません。

医療に携わるお仕事は、看護師の方や助産師の方であっても常に新しい知識を取り入れ勉強していく必要があります。かといって、お給料などにその努力の結果がついてこないのは少々寂しいですよね。


そこで、待遇やお給料にすぐに反映するものと言えば、やはり新たな資格の取得です。

看護師が習得できる資格は専門看護師や認定看護師など代表的なものありますが、将来の事も視野に入れると独立も目指せる助産師の資格が最近注目されています。

確かに看護師のままでは他のオプション的な資格をプラスしたとしても一生雇われていることに変わりはありません。将来的に看護師のままでは不安だと考えるのは間違いではないと思います。


助産師の国家試験はそう簡単なものではありませんが、この資格さえ持っていれば将来的には助産院を開業することも可能です。

お子さんがもともと好きな方、病気やけがで苦しむ患者さんよりも新しい命に携わりたいと考えていらっしゃる方には、ぜひ助産師の資格取得を目指していただきたいです。

今までの看護師としての経験も十分に活かせる仕事ですし、近年の助産師不足から待遇や報酬もかなり良くなっています。


看護師や助産師の転職支援サイトでは、そんな好条件の募集を見ることができます。実際の募集案件を見てから助産師へのステップアップを考えてみるのもいいかもしれませんね。

助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。