もっとお産に立ち合って助産師としてのやりがいを感じたい!

助産師、お産の仕事がしたい!



助産師は赤ちゃんの出産に携われる仕事として人気があります。新しい生命の誕生をお手伝いできるのは素晴らしいですね。また助産師は女性だけがなれる職業であり、自分自身の結婚や出産、子育てなどを経験しながら一生続けられる仕事としても人気です。

ここではお産の仕事をしたいという方に、助産師や助産院の仕事の内容、転職先選びの注意点などを分かりやすく紹介します。

いろいろな苦労や大変なこともありますが、やりがいを感じられる助産師の仕事について詳しく知ってください。


助産師、助産院でのお産の仕事とは

助産師の職場は大きく分けて2種類あります。その1つめが助産院での仕事です。

助産院とは?



助産院とは助産師が分娩の手助け(助産)を行なう施設を指します。産科病院やクリニックとの違いは、助産院には産婦人科の医師がいないという点です。

つまり助産院にはお医者さんがおらず、妊娠・出産・産後の期間までのすべてを助産師が手助けしているというわけです。


医療法では助産所という名称が用いられ、入院床数9床以下の施設をいいます。助産所(助産院)は助産師が分娩の補助、妊産婦・新生児の保健指導などの業務を行なう場所です。

こうした助産院には医師が常駐していないため、医療行為が必要な場合は嘱託の医療機関を利用することとなります。

助産院のお産の仕事

助産師が助産院で行なうお産の仕事は次のものです。

・妊婦さんの健康管理や生活指導(食事、運動、体調など)
・妊婦さんの自然分娩の補助(帝王切開や麻酔使用はできない)
・出産後のじょく婦さんの体調管理や生活指導
・じょく婦さんの母乳指導や乳児指導、相談への対応 ほか

一般的には「助産師は赤ちゃんを取り上げる仕事」と思われがちですね。しかし実際には出産前の妊婦さんの健康管理や指導を行なったり、産後のじょく婦さんに母乳や乳児指導を行なう仕事もしています。

助産師はお産の手伝いをするだけでなく、妊娠から出産後まで幅広くお母さんと赤ちゃんのサポートをする仕事なのです。

<関連記事>
助産師が助産院で働くメリットは?


助産師、病院でのお産の仕事とは



助産師の職場の2つめは病院やクリニックなどの医療施設です。

産科・産婦人科病院とは?

助産師がお産の仕事をする主な医療施設としては、病院、クリニック、医療センター、お産センターなどが挙げられます。診療科目は産科や産婦人科、マタニティー科などが一般的です。

産科とは妊娠・出産・新生児を扱う診療科、産婦人科とは産科に加えて女性特有の病気の治療を行なう診療科です。最近ではマタニティー科などの名称を用いる医療施設もありますが、お産を扱う医療施設であることに変わりはありません。

病院のお産の仕事

助産師が病院など医療施設で行なうお産の仕事は次のものです。

・妊婦さんの分娩(出産)およびその前後の介助
・妊婦さんの健康管理や生活指導(食事、運動、体調など)
・出産後のじょく婦さんの体調管理や生活指導
・じょく婦さんの母乳指導や乳児指導、相談への対応 ほか
・新生児の介助(授乳、沐浴、おむつ交換)など

ここまでの仕事内容は助産院と大きな違いはありません。ただし、病院などの医療施設では担当医師の指示に従うという点が異なります。医療施設であっても助産師は分娩時の帝王切開や麻酔使用などの医療行為はできません。


加えて、勤務先の病院などによっては次のような業務を行なう場合もあります。

・妊婦さんの諸検査(血液検査、尿検査、血圧測定など)
・妊婦さんへの薬の説明や服薬指導など
・入院中または外来の妊婦さんやじょく婦さんのサポート
・新人助産師や新人看護師の指導やサポート

上記のような仕事を担当するかどうかは勤務先の方針次第です。


お産の仕事がしたい!転職先選びの注意点!


助産院と病院の違いを知ろう

助産師の主な転職先は助産院と病院やクリニックです。どちらもお産の介助などを行なう仕事ですが、業務内容には違いがあるので注意してください。

その大きな違いとは、助産院には医師がいないが、病院やクリニックには産科の医師がいるという点です。助産院では助産師が中心となって分娩を介助するのに対し、病院やクリニックでは医師や看護師と協力しながら業務にあたることになります。

助産師として自分が主となってお産の仕事をしたい人は助産院、チーム医療でお産の仕事をしたい人は病院やクリニックが向いています。

<関連記事>
助産師が病院で働くメリットは?

クリニックはベテラン助産師向き?

産科クリニックやマタニティクリニックなどのクリニック(診療所)は、病院と比較すると小規模な医療施設です。助産師や看護師の数も少ないため転職後には即戦力としての働きを求められます。

助産師としての経験があまりない場合、クリニックでは十分な指導や教育が受けられないので困るというケースも少なくないようです。これは少人数の医療スタッフで診療を行っているクリニックにありがちな話で、新人助産師に対する教育体制が取れないことが原因となっています。

初めて助産師の仕事をする人や、助産師としての経験が乏しい人は教育体制の整った大手病院や総合病院への転職を考えたほうがベターでしょう。

病院への転職で気をつけたいこと

ひと口に病院といっても種類はさまざまです。産科専門の大手病院であれば教育体制も整っており、分娩の取り上げ数を伸ばすことができます。助産師としてのキャリアを積むには適した転職先です。

総合病院の産科や産婦人科の場合は、ハイリスク分娩の設備がないところが多く、通常分娩を扱うことが多いという特徴があります。多数の診療科がある総合病院では、助産師であっても産科以外への異動の可能性もあるので事前に確認するようにしてください。

産科・産婦人科病院、総合病院ともに、昨今の少子化の影響を受けて産科を縮小したり撤退するケースが増えています。転職を検討する際は、求人先の病院が産科の規模縮小や撤退の可能性がないかどうかを確かめる必要があります。


助産師の皆様で転職を成功させたいなら、助産師限定の転職支援サイトに相談すると便利です。助産師の方の求人先探しは事前の情報収集やチェックがポイントとなります。

助産師専門の転職支援サイトに登録すると、個人では分かりにくい情報を知ることができますよ。スキルアップや収入アップにもつながる転職で失敗しないためにも、こうした転職エージェントを上手に活用してくださいね。

<助産師、お産の仕事がしたい!のまとめ>

  • 助産師とは妊婦さんのお産を介助する仕事
  • 出産前の健康管理や栄養指導なども併せて行なう
  • 出産後の妊婦さんの生活指導や育児指導もする
  • 主な転職先は助産院、病院、クリニックなど
  • 助産院は産科医師が常駐していないのが特徴
  • 転職先選びには求人先の情報収集がポイントとなる

助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。