助産師の夜勤手当は大きいよね!

助産師、夜勤の手当てってどのくらい?



助産師の資格を持っている方なら、基本給のほかに資格手当を支給されているはずですよね。これに加えて、助産師にはつきものの夜勤の手当もついてくるでしょう。

助産師の夜勤手当は、少ないところで1回9千円前後、多い所では1回2万円前後もらえるところもあります。


助産師の夜勤は、予定外の陣痛で直ちに措置が必要になったり、安定していた妊婦さんに急変があったりと、夜中であっても気を緩めることはなかなかできません。措置に問題があったとしたら、その時の夜勤担当の助産師が責任を問われかねません。

それだけ、神経を使う心身ともに大変な業務と言っても過言ではないでしょう。

現在、助産師として活躍されていらっしゃる方の中には、この夜勤手当が大変な労働に見合った正当なものなのかと疑問に感じていらっしゃる方も少なくありません。


もちろん、お母さんの無事と健康な赤ちゃんの誕生は何事にもかえられない神秘的で素晴らしいものです。

でも、そんな大変な任務を請け負わなくてはならない助産師の方への労いの報酬が正当なものではなかったとしたら、助産師の仕事というのはそれほど重要ではないのかという疑問を持たずにはいられません。

先に助産師の夜勤手当の金額を紹介しましたが、金額にとても開きがあるのをお分かりになったかと思います。中には1回の夜勤で千円しかつけないような所もあると聞きます。


病院や関係施設の経営状況にも関係していると言う人もいますが、残念ながら助産師という重要なポジションの正当な評価をしているところと、そうでないところが実際にあります。

助産師の手助けが必要な私達からしてみれば、助産師の方々には自分の命と大切な子供の命を預けるわけですから、助産師の方には安定した気持ちで職務についてほしいものです。

助産師の方を正当に評価していない病院や関係施設というのは、お産を軽く考えているのではないか?そんな疑問さえ湧き出てきます。


現在、助産師の方で何かしらの不満や不安を感じていらっしゃる方は、是非こちらの転職サイトをご覧になって見て下さい。助産師の重要性を真摯に考えている病院施設の案件を見ることができると思います。

現代では助産師の方の減少が問題にもなっています。助産師の方々が、良質な病院施設を選んでいくことができれば、そうでない病院施設も考えを改めて行くのではないでしょうか。


転職作業というのは、どんな仕事や職場でもエネルギーがいる事ですが、これからの助産師の未来の為にも、ぜひ一歩を踏み出してください。


助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。