アルバイトでも十分なお給料が期待できるね

アルバイト(パート)助産師の時給って?



命が誕生する尊い瞬間に立ち会う助産師は、出産時だけでなく妊産婦のケア、産前産後の指導を行うなど、妊娠・出産全般のエキスパートとして活躍します。正社員としての雇用もありますが、実はパートやアルバイトとして働く助産師も大勢います。

女性である助産師自身も出産や育児を経験し、そのタイミングでいったん仕事を辞めたのち改めて、「資格を活かして働きたい」と考える方が少なくありません。そんなときには、パートやアルバイトの方が融通が利きやすくなるのです。

パートやアルバイトとしての勤務条件や働き方については、助産師ならではの事情も発生します。アルバイト、パート助産師の時給はどのぐらいなのか、求人でチェックしたいポイントなどを押さえておきましょう。


アルバイト(パート)助産師の時給ってどのくらい?


助産師の非常勤求人はクリニックが多め

「家事や育児と両立しながら働きたい」「夫の扶養範囲内で働きたい」というとき、パート・アルバイトという働き方ができるのは助かります。

病院やクリニック、保健センターといった公的施設、訪問看護など、助産師の職場にはいくつかの種類があり、求人そのものは少なくありません。そのなかでアルバイト、パートの募集は、クリニックからのものが多く見られます。

総合病院でも産婦人科があれば当然助産師が必要ですが、ほとんどの場合常勤で募集されます。もちろん病院・病棟からのアルバイト募集もありますが、比率としてはクリニックや診療所が多めとなっています。

日勤でのアルバイト時給は?

資格職である助産師のアルバイト時給は、他の一般的なアルバイトよりはもちろん高めです。ただし地域や施設、仕事内容によっても幅があり、日勤での時給は大体1,400円~2,400円程度となっています。

条件は色々で、1日4時間に集中して週4~5日勤務したり、1日6時間で週3日、常勤日勤と同様にしっかり働くなど、自分の都合に合わせて検討できます。


ひとつの施設で雇用する助産師数は多くないので、アルバイトやパートでも業務内容は常勤とほとんど変わりません。そのため勤務終わりであっても、お産が始まれば残業になることがあります。

また、初めは平日のみの勤務でも、仕事に慣れてくると土日祝日の勤務をもちかけられるケースも見られます。

夜勤のアルバイト時給は?

アルバイト、パートでも、夜勤ありの二交代制や夜勤専従での求人が見られます。夜勤ではやはり給与条件が良くなっており、17時~翌9時頃の1回で、30,000円~40,000円の支給が相場です。

分娩の有無に依らない固定給の場合と、分娩件数によって1件2,500円などの手当てがプラスされる場合とがあります。夜勤スタッフは、常勤助産師とのペアの場合もあれば、助産師は自分一人で他は看護師というところもあります。

いずれにしてもスタッフが少なめな分、パートやアルバイトでも助産師としての経験や判断力が求められます。そのため、採用条件に臨床経験を挙げる求人もあります。

<関連記事>
助産師、夜勤専従として働くメリット


助産師のバイト・パート求人でチェックしたいポイント


給与は詳しくチェック

資格職で時給もまぁまぁいいから・・・と時給額だけを見て求人を選んでしまうと、「実際に支給されてみたらそれほど好条件ではなかった」「他の助産師と比べて収入が低い」ということになりかねません。

アルバイトやパートでも、常勤よりは少ないもののボーナスが支給される職場があります。1ヶ月分だけでも、プラスされれば有難いですよね。


ボーナスの有無の他、分娩の手当や昇給はあるのか、退職時の手当てはどうかなど、給与については事前に詳しくチェックし、納得できる求人を選びましょう。

入職後の試用期間がある場合、その間の時給が低くなり、小さな子供を預けて働く場合に収入が保育料と変わらない・・・というケースも考えられます。働いている意味がないということにならないよう、事前にしっかり試算しておくようにしてください。

扶養範囲内で働く場合注意が必要

資格職で時給が良いだけに、配偶者の扶養範囲内で働きたい場合には注意が必要です。所得税や社会保険料を負担せず、できるだけ損をしないように働くには、年収の壁を意識しなければなりません。

そのつもりで計算していも思わぬ手当があったり、忙しくて出勤を頼まれるなどしているうちに、年収が上がり過ぎてしまう可能性があります。期末には年収を調整して働くことが可能かどうか、あらかじめ確認しておくと安心ですね。

雇用条件をしっかりチェック

パート、アルバイトの場合、雇用期間に期限があるのか、更新の条件などもチェックしておきたいポイントです。各種社会保険に加入するための条件や、休憩、長期休暇があるかどうかも確認しておきたいところです。

<関連記事>
助産師、転職を成功させるポイントは?

働いてみたら違った・・・をなくすためには



転職では、求人に書かれていた内容と実際に働く環境が違う、というミスマッチが起こりがちです。

アルバイト、パートとして働いている助産師からは、「サービス残業や研修できつい」「条件はいいけど子供のお迎えが遅れがち」「子供の体調不良でも休めず家族に負担がかかっている」「同じ境遇のスタッフがいないので肩身が狭い」といった声も聞かれます。


こんなはずではなかった、と後悔しないために、看護師専門の転職サイトの利用をおすすめします。助産師のパート、アルバイトという基本条件だけでなく、重視したい条件を絞って、希望に合う求人を効率よく探すことができます。

専任のエージェントに色々と相談できるのが、転職サイトの最大の利点です。ブランクが不安な場合にはそれを伝えて、受け入れ態勢の整った職場を紹介してもらったり、絶対に子供のお迎えに間に合うようにしたい場合、残業なく定時で帰れる職場を紹介してもらうことができます。


求人には書かれていない、その職場での実際の状況を確認できるので、入職後に「話が違う」となるリスクを減らすことができます。

<アルバイト(パート)助産師の時給って?・まとめ>

  • アルバイト、パートの求人はクリニックからが多め
  • 時給は日勤で1,400~2,400円、夜勤は1回3~4万円程度
  • 夜勤は経験が必要でベテラン助産師向き
  • ボーナスや各種手当について事前にチェック
  • 扶養範囲内で働く場合年収の調整が必要
  • ミスマッチが無いよう転職サイト利用がおすすめ

助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。