派遣助産師として活躍している助産師さんは多いです

派遣助産師の時給ってどのくらい?



助産師が医療機関で働くことは、精神的にも肉体的にもハードなものがあります。夜勤は避けられないですし、スケジュールもかなり不規則になります。家庭や小さい子どもを持つ方なら、かなり大変な毎日を強いられがちになります。

よって、生活と仕事を両立させるために、派遣での勤務を選ぶ方も増えています。これは以前では考えられない働き方でしたが、病院側にも助産師側にもメリットがあることから増加の傾向にあります。


病院側の事情としては、何と言っても助産師が不足しているところにあります。不足している上に、助産師は離職率が高い職種でもあり、その確保には病院も頭を抱えています。常勤の求人を出しても、人が集まらない場合も多くあります。

そこで、助産師の様々な働き方を認め、必要な時に必要な労働力が得られることは、病院側にもメリットがあります。今雇用している常勤職員を、マンパワー不足で疲弊させてしまうことも避けられます。


また、助産師側としても、働き方が選べる派遣の選択肢は大きなメリットです。正職員に比べると各種保険や退職金などの保障は薄くなってしまいますが、夜勤がなかったり、勤務日・時間が選べたりと、自身のライフスタイルに合わせることができます。

さらには、派遣であることから職場との関係がドライになり、病院にありがちな人間関係のドロドロを避けられる場合もありますし、何か問題が起きた際は、派遣会社に相談し、派遣担当者に解決を依頼することもできます。


派遣で多くの職場を経験して、自分に一番合った職場を見つけることも一つの手です。どの職場もそれぞれの特徴があり、入ってみなくてはわからないこともたくさんあります。どの現場も助産師不足ですから、正職員のオファーがくる場合もあります。

しかし、実は基本的に助産師の派遣業務は法律によって禁止されています。これはある条件をクリアすることで派遣業務可能になり、それで助産師派遣は成り立っています。

その条件とは、特定の社会福祉施設等への派遣になるか、もしくは紹介予定派遣での就業になります。

よって、派遣で助産師として就業する場合は、紹介予定派遣として働くことになるのが一般的です。派遣で就業する場合は、条件を事前によく確認しましょう。


気になる助産師派遣の時給ですが、最低でも1700円前後になり、最高では2500円程になります。やはり、医療系の仕事の中でも、助産師の給与は高額であると言えます。派遣会社でも、社会保障がしっかりしたところもあります。

派遣での勤務を考えているようでしたら、まずは転職サイトで求人をチェックしてみましょう。おススメの転職サイトへ下から訪ねてみてくださいね。


助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。