公務員助産師の求人はどうやって探す?

助産師、公務員として働くには?



未だに景気が低迷する中、これから就職しようという方々に人気なのが、倒産とは縁が無い公務員です。そして医療の現場でも同じように安定を求める方々も少なく、公立病院勤務や地域の保険センター勤務に人気が集まっています。

公立病院というのは地方公共団体が条例に基づいて開設された病院の事で、医師や看護婦、助産師などにかかわらず公立病院に勤めている方は全て地方公務員の扱いになります。


ほとんどは大きい総合病院であることが多く、配置換えなどはあるかと思いますが、お仕事の内容としては民間の病院とそう変わりはありません。採用試験や面接に合格する事でお仕事に就くことができます。

募集している公立病院の条件にクリアされた方に受験資格が与えられますが、資格免許を持っている方で実務経験がある方ならほぼ受験できるでしょう。

民間の病院とは違って安定感を感じることができるでしょうし、ちゃんとした媒体に守られている安心感を得ることができると思います。各現場によって多少の違いはあるかもしれませんが、勤務時間やシフトに関しても規定以上の労働は少ないと聞きます。


しかしながら、公立病院の経営難や医師不足に加えて地方自治体の財政難が原因で現在は減少の一途をたどっています。

公立病院の募集がお近くになかった場合は、地域の母子センターや保険センターでのお仕事もあります。こちらは現場職ではなく主に事務所内でのお仕事になりますが、地方公務員に変わりはありません。

現在、公立病院で助産師公務員として努めている方でも、思い入れのある妊産婦さんや新生児の赤ちゃん達のその後が気になると仰る方もいらっしゃいます。


公立病院の助産師公務員から保険センターの助産師公務員に転職する方も珍しくないことです。

母子センターや保健センターでのお仕事は、事務職に加えて新生児の定期検診のお手伝いをしたり、新生児の赤ちゃんがいるご家庭に訪問したりすることもあります。病院の現場とは違い、お母さんや赤ちゃんの生活に寄り添ったケアがお仕事となります。

こちらも公立病院同様人気のお仕事で、募集はあまり多くありません。最近では年齢制限を設けている場合も多く、条件は年々厳しくなっています。


一番早く募集案件を見つける方法としては、助産師などを専門に扱う転職サイトを利用するのがおすすめです。

こちらに、「ナースフル」や「ナース人材バンク」などの優良転職サイトを紹介しています。ご自身の通勤可能範囲に募集があるかチェックしてみてはいかがでしょうか。

助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。