助産師には、唯一の開業権があります!

開業助産師の年収は?



看護職の中でも唯一独立開業が認められている助産師ですが、その気になる年収は助産院によって様々です。もちろんお産を取る回数が多ければ多いほど収入もあがるということには違いありませんが、助産院の現実はそう簡単なものではありません。


病院や診療所でお仕事をされている助産師の方の平均年収は、およそ400~600万円ほどと言われていますが、開業助産院の場合はこれを上回る収入になることは間違いないとは思います。

ただし、開業する為には最低限の医療設備を揃えなければなりませんし、正常分娩以外のお産や、お産中の非常事態が起こった場合は病院への搬送となります。初期投資や母子の危険性のリスクは、開業するに当たり覚悟しておかなければならないことの一つです。


また、病院への搬送先は開業時に決めておく必要があり、提携してくれる担当医師を探しておかなければいけません。助産院で非常事態が起こったとしても搬送先の病院が責任を取られがちな現状がありますので、提携に難色を示す医師の方もいらっしゃいます。

たくさんの経験を積んでからの開業となるとは思いますが、経営スキルも必要ですし何でもご自身で決めていかなくてはなりません。

さて、これから開業助産師を目指して資格を取ろうとされている方もいらっしゃるかもしれません。開業助産師のデメリットばかりを紹介しましたが、もちろんメリットもたくさんあります。


近年の助産師不足で、都会から離れた地域では産院が閉鎖に追い込まれるなど、お産難民が社会問題ともなっています。

そんな地域での開業は地元の方にも喜ばれますし、成功もしやすいでしょう。

それに、ご自身の助産院ですから、自分の目指すお産のスタイルを推奨することだって可能です。最近は自宅での自然分娩を望む女性もいらっしゃいますし、お母さんが望んでいるお産を実現させてあげることもできます。


煩わしい人間関係もありませんし、妊産婦や赤ちゃんたち一人一人にしっかりと関わりながらケアできます。病院とは違い、退院したその後の経過を垣間見ることもあって幸福感に包まれることが多いという開業助産師の方もいらっしゃいます。

病院施設と助産院、現場は変わっても新しい命を迎えられる喜びは変わりませんよね。

最初にお話ししたデメリットも含め総合的に考えると、やはり開業助産師になるには相当なスキルが必要です。最低でも5年~10年の現場経験があれば、相当数のお産に立ち会えるでしょう。


まずは、転職サイトを活用してスキルアップができそうな病院で現場経験を積まれることをおすすめします。いくつかご紹介していますので参考になさってくださいね。


助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。