助産師は、子育ての経験を活かして働くことができます

助産師、仕事と子育ての両立は可能?



助産師の仕事は、保健センターなど定時勤務が可能な職場もありますが、病院施設等の残業や夜勤がある職場に勤める助産師さんがとても多くいらっしゃいます。

女性の専門職でもある助産師の仕事は、責任も多くなかなか簡単に休んだりする事は出来ませんが、ご自身の結婚・出産・育児などの事もあります。どこまでを線引きして責任分担すれば良いのか悩む方もいらっしゃるでしょう。


現在、近年の助産師不足が深刻な問題となっていますが、各病院施設も漸く人材確保のために動き出しています。

助産師の職離れの原因の多くは、やはり本人の出産や育児が機会になり家庭との両立が難しくなってしまうことです。各病院施設もそこに着目点を置いて、院内保育施設を設けたり、ブランクを心配する方の為に復職支援を行ったりと、復帰する助産師の方のために様々なサポートが考慮されるようになりました。


実際に復帰したいと考えてはいても、育児との両立や現場での責任の重さに加えて、電子カルテについていけるのか?などの新しいシステムに関する不安も多く聞かれるものです。

ある病院では、復職支援の一環として、慣れるまでは日勤勤務で週に数日は半日勤務という形態を取っており、自信がつくまでは在籍中の先輩看護師と一緒に職務を行っていきます。さらにメンタル面のサポートを行うメンターが不安や心配をケアします。最終目標を正規職員に置いて、全面的なサポートを行っていくわけです。


そういった技術面や精神面のサポートも有難いものですが、お子さんをお持ちの助産師さんにとっては院内保育のある病院施設は本当に助かります。

まだまだ一部の病院に限られていますので、全部の助産師さんがそういった病院に勤務できるわけではありませんが、業界でもそうしていかなければ人材確保が難しいのは承知の事ですので、これからも増えていくでしょう。

ブランクのある助産師の方のための復職支援、育児中でも安心してお仕事が出来る院内保育施設、または正職員ではなくパート・アルバイトから復帰したいという方は、効率的に案件を探せる転職サイトがおすすめです。


復職支援を行うのは専門職の職場では欠かせないものだと思いますが、復職支援どころか育児への理解も無く、ほとんどサポートを行わない病院も残念ながら珍しくありません。こちらの転職サイトに登録して、事前に職場環境をしっかり調査してもいましょう。

今現在の環境の事や、復帰に対する不安などを専任のコンサルタントに話してください。豊富な求人案件から優先的にピックアップして紹介してくれます。

助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。