週一からでもOKな助産師の仕事ってあるの?

助産師、単発のバイトがしたい!



社会問題ともなっている助産師と医師不足が深刻化している中、実は働きたくても働けない助産師の方も少なくありません。そのほとんどの方は家庭や育児との両立に不安を抱いていらっしゃるケースが多く、それは助産師の退職理由としても多くを占めているのです。

病院施設では退職・求職した助産師の補てんを行わなければなりませんが、復帰に難色を示す助産師の方への対策として、求人の募集内容を正職員だけではなく、パートやアルバイト、単発や短期などいろんな勤務形態で窓口を広げているところも多く見られます。


多くは急募案件に見られる傾向なのですが、中には“夜勤のみ”でもOKという案件では週1日からの勤務でも受け入れられており、多少のブランクがある方でも徐々に体を慣らしていく事が出来ます。

また、現在育児との両立を余儀なくされていらっしゃる助産師さんは、求職や退職を考えられる事もあるかと思いますが、こういったアルバイトやパート勤務にシフトチェンジするという選択肢もあるのではないでしょうか。


一度現場を退くと、復帰する時にそう簡単に決心はつきにくいものです。そうしている間に医療の進歩も進んでいきブランクが長ければ長いほど勉強しなければ追いつかないという問題も出てくるでしょう。

週に数日の勤務でも、業務に携わっていれば医療の現場との繋がりを持っていられます。また、そういった短期案件を幾つかこなしていけば、複数の現場で経験を積む事ができるわけですから、育児が落ち着いて正規職員に復帰した時に一つの強みとなるはずです。


更に、こういった短期や単発の求人案件は時給がかなり優遇されているという特徴があります。人手不足の病院施設などでは一日でも早く人材確保したいわけですから、給料や待遇に関しても既存の正規職員より良い設定で募集されているケースが多いのです。

ブランクのある方、育児との両立に不安な方にとっては、とても有意義なワークスタイルになると思います。

さて、この助産師の単発、短期アルバイトやパートの求人は、こちらでも紹介している転職サイトで豊富に扱われています。時給や待遇が良いほど非公開扱いの求人となる傾向にありますので、そのあたりを中心に探してみると良いでしょう。


転職サイトには専任のコンサルタントがいますので、忙しい方は希望する勤務形態を話してリサーチしてもらうと更に効率的に案件を見つける事が出来ます。複数の転職サイトに無料登録して、より多くの案件から探す事がポイントです。

助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。