どちらの仕事も疎かにしないように注意しましょう。

掛け持ち先を探す看護師におすすめの求職活動



すでに看護師として働いている人が、現在の収入に満足できないという場合、掛け持ちで看護師の仕事をすることがあります。

掛け持ちにおいてはさまざまな条件やポイントがあり、ただ稼ぎたいからといってやみくもに働くのではなく、より体への負担を少なく、効率よく稼ぐのが得策です。


こちらでは、看護師が掛け持ちで働くにあたっての注意点や、おすすめの就業先などについてご紹介しています。


そもそも看護師って掛け持ちで働けるの?

就業規則で可能となっていれば掛け持ちOK

看護師の仕事を掛け持ちするにあたり、「そもそも掛け持ちは可能なのか?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

人の命に関わる特殊な仕事ではありますが、新米医師でも当直のアルバイトをするケースがあるように、看護師でも就業規則に副業NGと定められていなければ、掛け持ちで働くことは可能です。


ただし、気をつけたいのが公立病院の正職で働いている場合。

公立病院で正職として働いている看護師は、公務員扱いとなっている人が多く、公務員全体で副業は禁止と定められていますので、看護師でも公務員扱いとなっている場合は掛け持ちで働くことができません。

内緒で働いている人もいるけれど…

中には、掛け持ち禁止とされている職場であっても、内緒で掛け持ちしている看護師がいるようです。

その場合、メインで働いている職場からかなり離れたところで掛け持ちするなどの工夫をして、内緒で働いているようですが、いつどこで誰が見ているかわかりませんので、就業規則はきちんと守ることをおすすめします。

掛け持ちにも種類がある

一言で「掛け持ちバイト」といってもいろいろな種類があります。

前述したようなある病院で正職として働いていて、収入が足りないので掛け持ちするという看護師もいれば、ライフスタイルなどの都合により、派遣看護師としてある時間帯働いて、夜勤専従で別の職場で働く形を取る「ダブルワーク」をしているというケースです。

このダブルワークは、いわゆる「掛け持ち」とは少し違う副業方法になると思われます。

<関連記事>
派遣助産師の時給ってどのくらい?


掛け持ちにおすすめの職場は?


イベントナースのアルバイト

看護師の仕事はただでさえかなりハードで、メインの仕事だけでヘトヘトになっている人も少なくない中メインの仕事がおろそかになってしまうようなハードなバイトをしては本末転倒です。

そんなときにおすすめなのは、「イベントナース」のアルバイト。イベントナースとは、コンサートやイベントなどが開催されるとき、救護室で待機して急患が出た際に看護や処置を行なうという仕事になります。


急患が出なければ待機しているだけなので体に負担もかかりませんし、単発バイトのため必ず月に何日働かなければならない、ということもなく気軽です。

報酬も比較的高めのようなので、掛け持ちを検討している人はぜひチェックしてみましょう。

健康診断など検診のアルバイト

イベントナースの仕事と合わせておすすめするのは、健康診断などの検診系のアルバイトです。

その名の通り、検診において採血などの処置を行いアルバイトになりますが、こちらも病院の夜勤バイトをするよりも体力的に負担が少なく、また単発であることから報酬も高めなので、メインの仕事と両立しやすいと思います。

夜勤なら介護施設がおすすめ?

掛け持ちでもっとも報酬が高いのは、やはり夜勤専従看護師ではないでしょうか。ただ、夜勤は拘束時間が長いため、掛け持ちだとかなり体力的に負担がかかり、2つの仕事の両立が難しいというデメリットがあります。

そこでおすすめなのが、同じ夜勤でも「介護施設」の夜勤です。介護施設は高齢者が入居する施設になりますが、施設の規模に応じて看護師や准看護師を配置することが義務付けられています。


当然夜勤も発生するのですが、病気で入所しているというわけではないので、夜勤で医療行為が必要となることは少なく、介護士のサポートをする程度の仕事が多いので、病院の夜勤と比較するとかなり楽だと思います。

夜勤での掛け持ちを考えている人は、ぜひ介護施設も検討してみてくださいね。

<関連記事>
助産師、訪問指導の仕事内容は?


看護師が掛け持ちする場合の注意点


就業規則を確認する

これは、掛け持ちのバイトをする上での鉄則です。前述したように、内緒で掛け持ちしている人もいるようですが、掛け持ちが発覚して解雇されてしまったという看護師もいます。

まずは自分の働いている職場は掛け持ちが可能であるかを確認し、問題ないことがわかった上でバイトを探しましょう。

体に無理のない範囲で掛け持ちをする

掛け持ちをする上で2番目に重要なのが、「掛け持ちをして体に負担をかけすぎない」ということです。

交替制のフルタイムで働きながら、休みの日に病院で夜勤専従の掛け持ちをするとなれば、体への負担は相当なものになります。

健康に働くことができなければ、メインの仕事を失ってしまうことになりかねませんので、必ず自分の体調や体力と相談した上で掛け持ちバイトを検討しましょう。

収入に不満があるなら転職を検討するのもひとつの方法

看護師の掛け持ちバイトをしている理由のほとんどが、「現在の収入に満足できていない」ということではないかと思います。

金銭面以外は今の職場に満足している、という人は別として、より高い収入を得たいのであれば、掛け持ちではなく思い切って転職をしてしまうというのもひとつの方法です。


転職することで年収が上がれば、掛け持ちする必要がなくなり、体に余計な負担をかけることもありません。さらに職場環境にも不満があったという人であれば、環境面も一掃できて一石二鳥です。

そこで、転職方法としておすすめしたいのが「求人サイト」の活用。看護師の転職にあたり、募集要項に書かれている内容と、実際に就業してからの実態が異なっていたということはよくありますよね。


求人サイトは多くの求人情報を見ることができるのはもちろんですが、在籍している転職コンサルタントに転職相談をすることができ、自分の希望に合わせた求人情報を見つけてもらえるので、こうした心配やトラブルを軽減できます。

掛け持ちしたいという人も、希望の求人情報を見つけることができると思いますので、どちらの場合でも、まずは求人サイトをチェックしてはいかがでしょう。

掛け持ち先を探す看護師におすすめの求職活動・まとめ

  • 看護師の掛け持ちは、就業規則によって可否が分かれる
  • 掛け持ちのおすすめは、イベントナースや検診のバイト、介護施設の夜勤など
  • 掛け持ちする場合は必ず就業規則を確認し、体に負担のない仕事を探す
  • 収入の問題で掛け持ちをするなら、高収入を求めて転職するのもひとつの方法

助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。