仕事が大変になるほど、給料は高くなる?

看護師って高給取り?!気になる収入について



看護師というと、「手に職」の仕事なので高収入であるというイメージが強いですが、看護師の中でも職場によって収入に差が出るケースもあります。そのため、収入における満足度が低いことから転職を検討する看護師も少なくありません。

より納得して気持ちよく働くためにも、看護師の平均年収を理解し、自分と照らし合わせてみることは重要。

こちらでは、看護師の平均年収や収入への満足度について深く掘り下げています。


看護師の平均給料額を教えて!


ほかの職業と比較すると平均年収は高い

新人の看護師から看護師長などの役職を持つ人など、すべての看護師を含めて考えた場合、平均年収は約470~480万円前後になるといわれています。

リーマンショックによってサラリーマンの平均年収が大幅にダウンした際も、看護師の年収は大きく下がることがなかったという要因もありますが、ほかの職業は平均年収は450万円前後であることから、看護師の平均年収は私たちの想像通り高いといえます。

看護を預かるの年収に性別や地域の違いはある?

看護師の年収をさらに細かく見てみると、男性看護師の年収が480万円前後であるのに対し、女性看護師の年収は470万円前後と若干少なくなっています。

この理由は、性別の違いというわけではなく、女性看護師の場合夜勤ができない人が多く、諸手当がつかない看護師が多いことが原因のようです。


ちなみに、地方と都市部を比較すると、やはり人口が多い分患者の数も多い都市部のほうが、年収が高い傾向にあります。患者が多ければそれだけ仕事も忙しくなりますので、都市部の年収が高いのはうなずけますね。

年齢や経験年数によっても差がある

新人看護師よりも、経験年数の長い看護師のほうが年収が高くなるほか、役職に就いていたり、専門看護師や認定看護師などの資格を取得している人のほうが手当などがつく分収入は多いです。

しかし新卒の看護師でも、ほかの職種の女性労働者と比較するとかなり高い水準を維持しています。

新卒の看護師は400万円近い年収であるのに対し、ほかの職種になると300万円前後であることから、看護師が高収入であることは間違いなさそうです。

<関連記事>
アルバイト(パート)助産師の時給って?


看護師が高収入である理由とは


看護師の収入は手当における部分が大きい

収入というと、基本給をイメージする人もいるかもしれません。看護師の場合は、基本給はほかの職種と比較して少し高く設定されている程度で、収入に差を作っているのは主に諸手当です。

前述した専門看護師や認定看護師の資格を取得している場合はそれらの手当がつくほか、夜勤手当や休日手当といった手当は数万円に上ることもありますので、年収に大きく影響しているといえるでしょう。


ちなみに夜勤手当とは、その名の通り夜勤をしたときに付く手当のことです。休日手当は、入院設備のある病院や救急病院など、24時間運営している病院でお正月や日曜、祝日などに出勤した際に付く手当になります。

逆に考えると、平日のみ、日勤のみで働く看護師にはこれらの手当が付かないため、収入もそこまで高くはないようです。


専門職になるのでほかの職種と比べればやはり高めにはなりますが、それでも大きな差はないと思われます。

仕事内容がハードであることも高収入の要因

看護師の年収が高い理由として、やはり業務が多岐に渡り、また体力や精神力を多く必要とする点も挙げられます。

人の命を預かる仕事ですから、医療における専門的な知識や技術を必要するのはもちろん、夜勤では生活が不規則になるため体力や気力も重要です。


また、患者の多い病院や救急病院では休む間もなく看護をしなければならないこともあります。

このように仕事が大変である分、年収が高く設定されているのはある意味当然だといえるかもしれません。


収入に満足していない看護師も多い?


看護師は昇給率が低いといわれている

看護師もほかの職種と同じように、経験によって給料が上がるシステムにはなっているものの、その昇給率が低いため、収入に満足できない看護師は多いようです。

資格を取得したり、役職に就けばその分手当がついて収入は上がりますが、勤務年数が長いだけではなかなか昇給しないため、昇給率はほかの職種よりも低いといわれています。

勉強会など業務以外で拘束されることが多い

医療の世界は日々進歩していますので、新しい知識を習得するために定期的な勉強会などを開催し、看護師はそれらに参加して日々勉強を重ねています。

しかし、この勉強会や研修への参加は業務時間外に行われることがほとんどなので、実際の拘束時間はかなり長く、時給換算したら決して高くはないと感じている看護師が多いです。

日勤を終えた後に勉強会に参加したら、職場を出るのはかなり遅くなってしまいますので、割に合わないと感じてしまうのもうなずけます。

労働量と給料が合っていない

前述しましたが、看護師は夜勤もありますし患者のさまざまな介助を行なうので、肉体労働に近い部分もたくさんあります。

確かに看護師の年収はほかの職種と比べると高いですが、労働に見合っているかというと、そう感じられない看護師は少なくありません。


また、看護の仕事は定時でぴったり区切りをつけられるものではないため、残業になってしまうこともしばしばあります。

しかし、残業代の有無においては職場によって違いがあり、残業代が一切付かない職場も多いようです。労働時間を考えた場合、収入は決して高くないと感じている看護師はたくさんいます。

<関連記事>
助産師と看護師、お給料が良いのは?

より待遇のよい職場への転職を検討する看護師も

現在働いている職場の待遇に満足できない場合、より納得して働ける職場へ転職する看護師もいます。

基本給が高い職場を探すのはもちろんですが、都市部など患者数が多く業務量も多い医療施設だと、残業が増えやすい傾向にありますので、残業代が発生するかどうかも重要です。


転職を検討している看護師の方は、残業時間や残業代の有無などについてもきちんと確認しておく必要があります。

こうした待遇面を効率よく確認しながら転職先を探すには、転職サイトを活用すると便利です。看護師に特化した転職サイトも数多くありますので、いろいろな求人情報を比較しながら納得して働ける職場を探してみましょう。

看護師って高給取り?!気になる収入について

  • 看護師はほかの職業と比較すると年収は高めに設定されている
  • 専門的な知識や技術を必要とすること、重労働であることが高収入の理由
  • その反面、労働時間の長さや仕事内容を考えると収入に満足できない看護師も多い
  • より待遇のよい職場に転職考えるのであれば、転職サイトの活用が効率的

助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。