自分に合った転職サイトを見つけましょう!

失敗しない!看護師の転職サイトの選び方とは



毎年多くの看護師が誕生していますが、その一方で離職者も多めです。看護師のほとんどは女性ですから、出産や育児、家事を理由に離職したり、キャリアアップやより高い待遇、好環境を求めて離職する方もいます。

離職者が多いということは、転職活動を行う方が多いということでもあります。家事や育児がひと段落ついて復職のための職場を探すといったタイミングもあることでしょう。


転職活動を行うときに頼りになり、上手に利用したいのが「看護師の転職サイト」です。看護師の求人数も多いですが、転職サイトの数もまた多く、全国で30~40サイトも存在しています。正直、「どこを選んだらよいのか分からない」という方もいることでしょう。

転職サイトにはそれぞれに特徴や強みがあります。まずは看護師の転職サイトがどのようなもので、どんなメリットがあるのかをまとめ、サイトの選び方についてポイントを紹介します。的確な転職活動で、より満足度の高い転職先を見つけてくださいね。


看護師の転職サイトとは


転職を無料でサポート

看護師の転職サイトとは、厚生労働省の許可を得て一般企業が運営する、看護師、准看護師、保健師、助産師の転職、再就職を無料でサポートするインターネットサイトのことです。

運営するのは、誰もが知っているような大手企業から小規模な会社まで様々であり、誰でも無料で登録、サービスを利用することができます。


担当するエージェントに希望条件を伝えることで、看護師本人に代わって条件に合う求人を探し、紹介してくれます。

それだけでなく、キャリアや勤務先について気になることを相談したり、求人先の環境や待遇について問い合わせたり、看護師に代わって待遇の交渉を任せることも可能です。

転職サイトを利用するメリット

転職サイトを利用するメリットとして、まずは「非公開求人を扱っている」点が挙げられます。看護師など医療従事者の求人は、ハローワークや情報誌などを通じ全体に公開されるのではなく、専門の登録制サイトで扱われることがほとんどです。

サイトに登録することでこのような非公開求人情報を得ることができ、より多くの求人のなかから、希望に合った好条件の求人を探すことができます。


「働きながらの転職活動が可能になる」点も大きなメリットです。転職時には、次の勤務先を決めてから退職を申し出ることがほとんどですが、その場合、働きながら転職活動をしなければなりません。

日勤や夜勤で残業の後、疲れた体で休息を削って転職活動を行うのは大変です。転職サイトではそんな忙しい看護師に代わって、エージェントが活動を進めてくれるので安心なのです。


そして転職サイト利用の最大のメリットとして、「求人の詳細や現状を事前に知ることができる」という点が挙げられます。

転職の失敗で一番多いのは、「聞いていた条件と違った」というもの。転職サイトならば、実際の勤務時間や残業時間、給与やボーナスの額、休暇の内容や取得状況、離職率やその理由、そして人間関係まで、エージェントを通じてリアルな情報を確認することができるので、転職後に「こんなはずじゃなかった」と感じるミスマッチを減らすことができます。


その他、エージェントに応募書類作成や面接のコツについてアドバイスを受けたりすることもできます。検索だけできるサイトではなく、コンサルティング型の転職サイトを選ぶことで、より充実したサービスが期待できます。

<関連記事>
助産師が活躍する職場、未経験でも働ける求人はある?


看護師の転職サイトを選ぶポイント


2~3のサイトに登録して選ぶ

転職サイトは初めから1つに絞ってしまうのではなく、2~3のサイトに絞りこんで会員登録してみるのがベストな方法です。会員登録・利用ともに無料ですし、登録はそれぞれ1分程度で簡単に完了します。

登録が済んだら、担当者からの連絡を待ち、求人の紹介を受けてみてください。登録から対応までのスピードや好感度、紹介される求人が的を得ているかどうか、求人の年収や待遇のレベルなどの傾向を、比較してみます。


ひとつのサイトだけで紹介を受けていると、紹介される求人や対応にしっくりこなくても「こんなものか」と妥協してしまい、提示された選択肢の中から転職先を選んでしまいます。これではミスマッチが起こりがちです。

サイトの求人や対応を比較することで、各サイトやエージェントとの相性、情報の質が分かりやすくなり、転職時の妥協点をつぶすことができます。


3つ以上のサイトに登録してしまうと対応が煩わしく、比較検討もしづらくなってしまいます。3つまでに絞って、まずは登録してみてください。

大手サイトにも登録してみよう

転職サイトを探してみると、やはり最も目につくのは大手企業が運営するサイトです。大手が良くて中小のサイトは良くない、というわけではありませんが、2~3の登録のうち少なくともひとつは、大手サイトに登録するようにしましょう。

大手のサイトは全国の求人を数多く扱っていて、情報量が豊富です。利用者が多いのでその分エージェントのサービスが分散し、対応が物足りなく感じる方もいるかもしれませんが、求人選択の幅は確実に広がります。


さらに上場企業であれば、一定以上の資金力があり看護師の紹介実績も多く信用があると考えられること、社員教育の水準も一定以上なのでエージェントの対応に期待できます。

求人数の少ないサイトでは、エージェントが個人的に付き合いの深い病院や紹介料の高い求人といった、自分に有利になる求人ばかりを紹介してくるケースが見られます。このような対応は看護師の立場に立っているとはいえず、要注意です。

<関連記事>
助産師と看護師、お給料が良いのは?

全国対応のサイトを選ぶ



看護師の転職サイトのなかには、地域密着型を売りにするところもありますが、おすすめは全国対応のサイトです。地域密着型の場合会社規模が小さく、どうしても資金力がないために、情報量、担当となる社員の教育がどうしても不十分になりがちです。

紹介実績も、全国対応の方が当然多くなります。地域密着サイトのなかでも、例えば美容外科からの求人に限定するなど専門化した転職サイトでは情報の質が高く、頼りになる場合があります。

転職祝い金について

多数派ではありませんが、そのサイトを通じて転職が成功した場合に、看護師に祝い金が支払われるというサイトがあります。支払いのルールや金額はサイトによりけりで、「入職後30日で最大40万円」「年収に応じて最大30万円」「常勤で12万円」といった例が見られます。

無料でサイトを利用しているのに、どうして祝い金がもらえるのか・・・不安に感じる方もいると思います。


そもそも転職サイトは、看護師を紹介することで病院などの施設側から紹介料を受け取っており、それを資金源に運用されています。祝い金はその資金から看護師側に還元されるお金です。

祝い金を渡す際に、その転職でミスマッチがなかったかどうかフォローをするという意味合いもあり、祝い金があるサイトは転職後のフォローやケアを期待できる傾向があります。


祝い金制度の有無で転職サイトの良し悪しを判断できるわけではありませんが、転職がうまくいった上にお祝い金がもらえれば、やはり嬉しいですよね。このような仕組みのサイトもある、ということを知っておいて損はありません。

<看護師の転職サイトの選び方・まとめ>

  • 看護師、保健師、助産師の転職を無料でサポートする
  • 非公開求人を扱い、転職活動の負担を減らせる
  • 事前に求人の詳細やリアルな情報を確認できるメリット
  • 2~3のサイトに登録して内容や対応を比較する
  • そのうちひとつは、大手企業のサイトを選ぶ
  • 転職祝い金は安心して受け取ってよい

助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。