今度はどんな職場で働く?助産師の求人先も色々あります

助産師の求人先、次はどんな職場で働く?

助産師は、妊産婦さんの出産をお手伝いするだけでなく、産後女性のケアから子育てに関する相談・指導など、女性に深く関わる重要な役割を担っています。

そんな助産師さんの活躍する場と言うのが、病院や診療所、助産院などです。

病院では、産科に配属されるのが一般的です。産科で働く助産師の魅力は、何と言っても最先端の医療技術のもと、チームの一員として分娩介助に取り組むことができることではないでしょうか。

病院では、ハイリスクを伴う分娩に立ち会うことも多々ありますので、助産師として大きな経験を積むことが出来ます。


医師や看護師達と協力して仕事をしていく上で、とても重要になるのがお互いの信頼感です。この信頼関係を上手く築きあげることが出来れば、絶妙なチームプレイが発揮できるでしょう。

様々な職種と関わることで、助産師としての役割に一段と誇りを持てるようになるのではないでしょうか。また、最近では助産師外来が注目されていて、取り入れる病院も着実と数を増やしています。その為、病院では今まで以上に助産師の需要が高くなってきています。


現在、7割もの助産師が病院で就業しておりますが、助産師不足による労働環境の悪化やさらなるスキルアップを目指し、新たな職場へ転職を考える助産師さんが増えています


以前は、助産師が主体となる助産院で出産を行う妊産婦さんが多くいましたが、高齢出産の傾向が強くなったことや正常分娩ばかりではなくなったこともあり、医療設備が整った病院を出産場所として選ぶ方が多くなりました。

そのため、一時は助産院の人気に陰りが見えたこともありましたが、最近になって、助産院に再び注目が集まってきたと言います。

その理由は、出産に関わる訴訟問題から回避するために、産科を廃止する病院が増えたためです。出産する場所が足りない…という困った妊産婦さんを救うのが、助産院だったのです。


助産院とは、産科医はおらず助産師がお産に関わるすべての業務を担当します。その為、取り扱えるお産は正常分娩に限りますが、医学の力に頼らず自然の力で出産したいと望む妊産婦さんにとっては魅力的な出産場所なのです。

助産院では、助産師が主体となって分娩サポートを行い、妊産婦さんひとりひとりとじっくり関係を築き上げていくことができますので、出産を無事終えた時は助産師としてのやりがいや喜びも大きいものでしょう。

また、助産院は、開業助産師の自宅を助産院として開いているところが多いので、アットホームな環境で働くことができます。大勢の人間が集まる病院とは異なりますので、複雑な人間関係からの負担も軽減し、落ち着いた気持ちで仕事に臨むことができますね。


助産師の求人先には、これらの他にも、助産師を教育する養成所や研究機関があります。いずれにしても、求人先によっては助産師としての経験値が求められたり、求人先を選ぶ際にはどういった分野で活躍していきたいのか?自分の進むべき道を明確にしておかなくてはなりません。

下記では、助産師の求人先について様々ご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

助産師求人の関連ページ


助産師におすすめな求人サイトは?

最近では正社員という働き方だけではなく、パートや派遣といった比較的自由度の高いワークスタイルも人気となっております。

子育てしながら働きたいという助産師さんのニーズに合わせ、今では環境が整った求人先もどんどん増えてきています。求人サイトには「夜勤・残業なし」「託児所付き」など、ママさん助産師でも安心して働ける求人が充実していますので、自分のライフスタイルに合った職場を見つけることも可能ですよ。

助産師におすすめな求人サイトはこちらからご覧いただけます。


 助産師の求人転職に強い求人サイトは?