子育てしながら働きたい助産師さんは大勢います

助産師、日勤のみで働ける職場は?



様々な事情で夜勤を避けたい方も多いです。夜勤をすることは生活リズムが崩れ、体調不良を招くこともありますし、シングルマザーの助産師なら、小さい子を夜一人にすることはなかなか心配でできませんよね。

けれどお産は24時間、いつ始まるかわからないもの…病院・助産院勤務の場合、いつでも対応ができるように助産師にとって夜勤は必須になっています。


しかし、助産師の仕事でも出産に直接かかわらない職場もあります。この場合、日勤のみで働くことが可能です。

例えば、保健所や市区町村の保健センターがその一つです。助産師は母子や性のプロとして、地域の住民の健康管理や指導を行います。あとは、その知識と経験を生かして養成学校の教員になったり、不妊治療クリニックに勤務することもできます。


ですが、現在仕事に従事している助産師が全国に約3万人いる内、例に挙げた保健所勤務でも100人程度しかいません。

非常に狭き門になりますので、希望する方は情報を集めながら、計画的にキャリアを積み、チャンスを逃さないようにする必要があります。

ここで考えてみたいのが、助産師の離職率です。助産師を含む看護職のここ数年の離職率は11~12%と非常に高く、助産師においては産科不足の問題もあり、不足状態の現場が多くなっています。


どの医療機関も優秀な助産師の雇用をキープしたいと考えており、激務、体調不良、出産・育児等の理由で職場を去り、人材が失われることを望んでいません。よって、助産師の勤務形態に配慮する職場や求人も増えてきています。

夜勤専従助産師の雇用が充実していたり、日勤の希望を聞き入れてくれたり、妊婦・育児中の助産師の夜勤免除に柔軟であったりと、条件の整った病院求人もあります。


それでもやはり、人間関係の問題や遠慮があったりと、なかなか夜勤なしの環境を大きく主張できない、もしくはなかなか条件の合う病院が見つからない、ということでしたら、アルバイト・パート・派遣で働くことも選択肢の一つです。

この場合、日勤のみでの勤務の選択が最初から可能な場合が多いため、割り切ってお仕事をすることができます。

残した子どものことを考えたりなど、不安を抱えながらの夜勤を続けるよりも、集中して仕事に取り組めることもできますね。


チャンスがあれば出産に関わらない職場に出会えるかもしれませんし、条件に合う病院が見つかるかもしれません。専門サイトで検索すれば、様々な求人が見つかりますのでとっても便利ですよ。おススメのサイトを下のリンクからチェックしてみてくださいね。


助産師の求人・転職サイト、おすすめランキング

看護roo!
ナース人材バンク
助産師・看護師の転職サイトで最も人気があるのがナース人材バンクです。求人数が豊富な点はもちろん、利用者の希望に沿った転職を実現できるよう手助けしてくれる手厚いサポート体制が魅力です。利用者満足度も高く、絶対に押さえておきたい一社です。

※九州・四国はサービス対象外です

マイナビ看護師
マイナビ看護師
マイナビが運営する看護師・助産師のための転職支援サイトです。全国各地に支店がある点、地方でも充実した支援サービスが受けられる点など、大手転職支援会社ならではの魅力が満載です。